土木工事なくして、都市はできない。
土木工事なくして、国家はできない。
土木工事なくしては発展もない。

昭和21(1946)年に名古屋で生まれ、公共工事をはじめ多くの土木工事を担ってきました。 村上建設工業は市民の快適な生活と安全な暮らしの実現を使命とし、名古屋の発展に貢献し続けていきます。

これまでも、これからも。
  • 江戸幕末~明治維新
    (1860年頃)
    創業者の祖父、村上園蔵が、徳川幕府の種々の改革により耕地等の整理を行う黒鍬組を興し、鋤・鍬を道具にして幕藩の誤用普請や御用水の工事を施工した。これが当社の起源です。
  • 明治~昭和初期
    (1900年頃)
    創業者の父、村上萬太郎は、明治維新を迎え世情が大きな変化をする中、父親の手掛けていた黒鍬組を継ぎ、耕地整理工事などの土木工事を行った。
  • 1923年9月
    創業者村上銀次郎は学生の時住んでいた東京で関東大震災に遭遇。災害の脅威を目の当たりにする。
  • 1947年1月
    銀次郎は戦争で焼け野原となった名古屋の街を復興することを決意。名古屋市水道局の依頼を受け、当社の前身、村上工務店を創業する。
  • 1952年6月
    合資会社村上工務店に組織変更し、上下水道一般土木工事を名古屋市及び愛知県の発注する工事を施工する。
  • 1959年9月
    伊勢湾台風により崩壊した名古屋市の家屋の復旧に尽力する。
  • 1966年3月
    村上建設工業株式会社に組織変更し総合建設業として諸官公庁の発注する工事を施工する。
  • 1966年3月
    堀田に本社ビルを建設。
  • 1987年4月
    村上禎彦が代表取締役社長に就任
  • 1995年1月
    阪神淡路大震災の被災地、神戸に災害復旧の応援部隊を派遣。水道管の復旧工事を請け負う。
  • 2000年9月
    東海大豪雨により名古屋の街が水没する。河川の復旧、ゴミの片付け等に尽力する。
  • 2001年9月
    ISO9001取得
  • 2004年6月
    名古屋市エコ事業所認定
  • 2004年10月
    新潟中越地震の被災地に災害復旧の応援部隊を派遣。水道管の復旧工事を請け負う。
  • 2011年3月
    東日本大震災の被災地に災害復旧ボランティアを派遣。ガレキ運搬を手伝う。
  • 2014年12月
    村上欽哉が代表取締役社長に就任
  • 2015年1月
    子育て支援企業認定
  • 2016年7月
    熊本地震の被災地に災害復旧の応援部隊を派遣。水道管の復旧工事を請け負う。
  • 2021年5月
    SDGsを宣言。持続可能な世界を築くために貢献できる会社を目指す。
  • 2023年5月
    健康事業所宣言
  • 2047年1月
    村上建設工業100周年パーティーを盛大に行う予定!
  • これまでも これからも

    名古屋の街と命を守り、

    ともに働く人を幸せにする